クチコミに似たもの

学校の怪談

前項の都市伝説は、妙に真実味を帯びているものから荒唐無稽なものまで、その内容はピンキリ、実に多種多様なものがありますが、人間の本能が噂にそういったものを求めているのか、心霊系、オカルト系の噂は都市伝説の代表格と言っても過言ではありません。

そんなオカルト系の都市伝説が、学校という明確な舞台をもとに1つのカテゴリとして発展していったのが「学校の怪談」です。一時期から小学生を中心にブームが起こり、それら学校にまつわる怪談をまとめた書籍も多数発売される等の動きを見せ、今現在でもなお存在しています。

なぜ学校という限定された場所にてそれら怪談話が生まれるのかというと、学校を主に利用するのがまだ適正な判断力の備わっていない子供だから、ということも考えられると思いますが、それ以上に同年代の子供たちが多数集まる、全校生徒の構成が1年ごとに入れ替わる、夜になると日中とは打って変わってほぼ無人になる、理科室の標本や人体模型、体育館の体育用具、音楽室の楽器等、一般的な施設にはない学校ならではのオブジェクトが多数集まっていることといったような、学校という環境の独自性がその要因になっているのではないかと思われます。病院も同じような独自の環境を持っていますが、心霊系の噂の数は学校の方が圧倒的に上回っています。

代表的な学校の怪談とされるものといえば、「トイレの花子さん」や「動く人体模型」、「ひとりでに鳴るピアノ」、「動くベートーヴェンやバッハの肖像画」、「テケテケ」、「赤マント」等といったものがあり、地域や学区によってその内容には微妙な差異があるといいます。