ネットを利用したクチコミ

Facebook

これまでにさんざん登場してきましたが、今やクチコミをする、口コミ情報を確認するのにインターネット環境は欠かせないものとなっています。そんなインターネット上において、人と人との社会的ネットワークを形成する手段足り得るものが「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」、略して「SNS」と呼ばれるものです。

広義の意味合いとしては、そうした社会的ネットワークの構築を行えるサービスやWebサイトなのであれば、どれもSNSと呼ばれますが、狭義の意味としては人と人とのつながりを促進、もしくはサポートするコミュニティ型会員制サービス、そのサービスを提供してくれるWebサイトがSNSに該当します。そしてそんなSNSの中でも、約7億5000万人と最も登録ユーザーの数が多く、実質世界最大級のSNSとなっているのが「Facebook」です。

このサービスは、アメリカ・ハーバード大学の学生である「マーク・ザッカーバーグ」が、女子学生の身分証明書に使われている顔写真を比べて勝ち抜き戦を行わせる「フェイスマッシュ」というゲームが元になっていて、本来は単なる遊び目的に過ぎない代物でした。

その後ザッカーバーグが学生の交流を図るためのものとして「ザ・フェイスブック」というサービスを開始、するとスタンフォード大学やコロンビア大学といった他の大学から、同じようなサービスが欲しいと依頼され開放が広まっていき、全米の高校生対象、すべての一般人が対象と次第に広がりを見せていったのです。世界最大級のSNS、その妙な発展経緯は注目を浴び、2010年にはその経緯を映像化した「ソーシャル・ネットワーク」という映画が制作されるに至りました。